東海三県初!ユニオンフレーム!

この度、東海地区初となるユニオンフレームを採用したツーバイフォー工法を施工させて頂き、工務店様や設計士さん向けの構造内覧会を開催させて頂きました。

手前味噌ですが、高評価を頂くことができました。
(本物件は80坪3階建てアパート)

ユニオンフレームとは簡単にご説明しますと、2階や3階の床ネタを集成材で910ピッチに配置した工法で、言わば在来工法の床組みをイメージしていただければ分かり易いかと思います。

荷重を全てその集成材(床)で負担する事で、壁開口のマグサを無くすことができたり、意匠的にもかなり自由に設計出来たり、他にもさまざまなメリットを得る事ができます。

どんなメリット?詳細についてはこちらの資料をご参照下さい ☞☞ Union Frame

 

実際施工してみると、床をパネル化しない為トラックの台数を減らす事が出来たことと、床の施工時間も通常のパネル出荷での施工と比べてもほぼ同じくらいの時間で終わる事が出来たことが良かったです。
また集成材なので、壁の通りや床の不陸もほぼ無く、建て方精度を上げる事が出来ました。

ツーバイフォー工法の弱点を補ってくれる優れたユニオンフレーム、ぜひご検討下さいませ。
今はウッドショックの影響もありますので、納期につきましてはその都度ご相談下さい。